IMSの仮想化

IMSの仮想化

IMSの仮想化によるIMS開発とテストの簡素化と最適化
長年にわたり、メインフレームチームは、さまざまなアプリケーションのバージョンと導入フェーズをテストするため、多くのIMS開発システムを作ってきました。こういった開発システムは、リソースの使用効率が悪く維持管理にコストがかかりますが、メインフレームデータへのアクセスがますます必要となるクラウド、モバイル、Webの開発イニシアチブに対応するため、より多くのシステム開発が行われています。

Compuwareは、IMSの仮想化により、コスト削減を図り、効率を向上させるソリューションを提供します。COPEの長所を活用することにより、IMSの仮想化は、アプリケーション開発をサポートするために必要な物理的なIMSシステムの数を削減し、少数の仮想化IMSシステムでコストの削減および効率の向上を実現します。
IMSシステム管理の簡素化
IMSの仮想化により、チームはIMS開発システムを統合することが可能となり、リソースの最適利用とIMSシステム管理の大幅な簡素化が実現できます。COPEは、アプリケーションのプログラム名を変更せずに、仮想化されたそれぞれのIMSシステムに対して、IMSデータベースとプログラムリソースを自動的にコピーして生成します。そのため、各仮想IMSシステムにはそれぞれ独自のバージョンのアプリケーションが装備されています。
テストと展開の迅速化
仮想化されたIMS開発システムは、アプリケーション プログラムとデータベースの両方の独自のバージョンを使い、開発者が互いに独立してテストできるようにすることで、重要なアプリケーション イニシアチブの迅速なテストおよび展開をサポートします。
IMSアプリケーションをシームレスにデバッグ
COPEはXpediter-Compuwareのインタラクティブなデバッグツール-およびTopaz Workbench-CompuwareのEclipseベースのIDEと最新の開発インターフェース-と完全に統合されており、開発者は仮想化された環境でIMSアプリケーションをシームレスにデバッグすることができます。
CPU使用の削減
物理的なIMSシステムの必要性をなくすことで、IMSの仮想化は、企業のCPU使用率の削減を支援します。これらによる利益を、COPE ROI計算機を使って測定することができます。IMSの仮想化は、企業がシステム管理の間接費を削減するのにも役立ちます。

関連ソリューション
Topaz Workbench
Xpediter