COBOLのマイグレーション

COBOLのマイグレーション

大規模な組織は、COBOLプログラムの書き換えは時間とお金の無駄であり、当然リスクを伴うことを身をもって経験しています。だからと言って、ウェブ、モバイル、そしてクラウドアプリケーションからの新しいアクティビティをサポートすべく組織が進化していく中で、最適化されていないメインフレームをそのままの状態にしておくことも結果として同じことです。

周辺技術からの作業負荷をCOBOLプログラムが適切にサポートできるようにするには、まったく異なったまマイグレーションプランを進めていくことが最善の方法です。それは、中核となるCOBOLプログラムを、古いコンパイラバージョンから、IBMの最新バージョンに移行することです。

COBOLプログラムをアップグレードする中で時間とお金をどう効果的に投資することができるか、以下の資料をご覧ください。COBOLのバージョンマイグレーションをできる限りスムーズに行うためのアドバイスや秘訣、そしてベスト プラクティスが掲載されています。