2週間スプリント

2週間スプリント

メインフレーム対応組織の64%は、2019年までに自分たちのミッションクリティカル作業負荷の半分以上をそのプラットフォーム上で稼働し、アナリティクス、ブロックチェーン、ウェブから、モバイルやクラウドアプリケーションまで、増大するアクティビティをサポートできるようにすることを計画をしています。しかしメインフレームの作業負荷が増えているにもかかわらず、組織は退職するメインフレーム専門家の後任を3分の一しか補充していません。

今日、安全でのんびりとしていてはうまくいきません。より少ない人数でより多くを管理するために、メインフレームチームは現在使用しているプロセスを考え直し、メインフレームに依存する新技術のサポートをする上で、より優れた品質、スピード、そして効率性をもってコードの提供を行う必要があるのです。

アジャイル開発における2週間スプリントは、メインフレームチームにとって効果的なソリューションだという結果が出ています。それは、強化策とイノベーションの開発や提供を俊敏に行い、最も差し迫ったビジネス要件により早く、そして効率的に応えていくことを可能にします。

競合他社からの差別化を図るためにご使用中のアジャイル管理技術をより良くサポートするために、メインフレームチームによる開発や提供をどのように促進できるかをご覧ください。以下の資料をチェックし、2週間スプリントがどのように機能しているのか、またアジャイルのベスト プラクティスを採用することがどのようにチームの改善につながるのかをご覧ください。