メインフレームの開発者の生産性

メインフレームの開発者の生産性

ITでは、次世代の開発者が労働力となり、System z アプリケーションの維持と進化に向けた責任を担っていくにつれ、世代交代が急速に進みます。ミレニアル世代には、不慣れなプラットフォームを克服するのに役立つ最高のツールが必要です。

コンピュウェアのソリューションを活用することで、IT組織はコードやロジックの分析、ファイルの操作やデータの保護、テスト、デバッグから、問題のピンポイントでの指摘やアプリケーションの不具合の解消まで、重要なアプリケーションを効率的に支援することができます。

  • 文書が残っていない複雑なCOBOLやPL/Iアプリケーションロジックを正確に理解し管理
  • プログラムがどのように構成されているかを素早く把握するための視覚化
  • コードの問題を迅速に特定し、コンパイル前に修正
  • COBOLまたはPL/Iアプリケーション内のデータのフローを直感的、正確に
    視覚化
  • アプリケーション機能を直感的に理解できます
  • プログラム・ロジックへの影響やデータ破損のリスクを負うことなく、本番システムの異常停止を解消
  • バッチアプリケーションの導入時間を短縮し、信頼性を向上
  • 柔軟性を高めた実行の監視と制御
  • メインフレームのプログラムやデータを素早く習得
  • メインフレームとメインフレーム以外のデータの両方を視覚化し作業を行う
  • モバイルアプリやビッグデータ解析、テスト用にメインフレームデータを活用
  • メインフレームのデータとデータ関係性を素早く習得
  • ソースレベルの解析で障害を迅速に解決します。
  • すべての障害情報のディレクトリを通じて、エラーを特定しテスト結果を検証します。
  • エラーの原因となるステートメントの実際のテキストおよび関連するフィールドの内容を表示します。
  • ストレージにあるデータとプログラム間を転送されているデータをはっきり表示します。