バッチ オートメーション

 バッチ オートメーション

バッチ管理の技術を科学に転換

大企業において、ピーク時に使われるメインフレームの作業負荷のほとんどが、モバイル、クラウド、およびWebアプリケーションに不可欠なバックエンドのデジタル機能を提供するバッチ処理に占められています。こういったバックエンドのメインフレームバッチ処理の需要が、規模とパフォーマンスの両面において増加するにつれて、SLAへの順守の徹底や費用管理に対するプレッシャーが高まります。

さらに、バッチ管理の責任は、プラットフォームのベテランたちから経験の浅い新世代の技術者へ急速に移行しており、企業は重要な業務の失敗、遅延、または過剰コストの発生といったリスクにさらされています。

このような問題を解決するために、Compuwareのバッチオートメーションソリューションは、ThruPut Managerの強みを活用して、バッチジョブの処理を自動的かつ知的に最適化し、数十年にわたって開発されたバッチ管理の技術を管理可能な科学に転換します。

次世代のシステムプログラマに可能性を

Compuwareのバッチオートメーションソリューションは、経験の浅い技術者がバッチジョブの問題を容易に理解し解決できるようになることで、多くの企業が直面しているシステムプログラミングにおける労働力の世代交代の課題を解決します。ThruPut Managerは、迅速で直観的な洞察をバッチ処理にもたらすことで、バッチジョブが通常より長く実行される原因であり、顧客が直面するフロントエンドアプリケーションの品質に影響を及ぼす問題の解決が遅れることを防ぎます。

バッチサイクルの自動化

システムプログラマは、ThruPut Managerに備わった明確な一連のルールにより、バッチサイクルを自動化することができます。ThruPut Managerは、ジョブを分析し優先順位を付けた後、確実に時間通りに処理が完了するように優先順位の最も高いジョブを最初に送信します。これにより、リソースと4時間ローリング平均(R4HA)を削減します。

利用可能な「空白」の維持

バッチオートメーションにより、TMが自動的に作業負荷を分散してより多くの空白を生成するため、オペレータの介入は少なくなります。ジョブを過剰に起動しシステムに余りにも多くのジョブを与えるワークロード マネージャー(WLM)とは異なり、ThruPut Managerのイニシエーターはより知的に、WLMより少ないイニシエーターでより短い時間で同等かそれ以上の数のジョブを実行します。

R4HA曲線の平坦化

ThruPut Managerを使用したバッチオートメーションは、R4HAカーブを平坦化しソフトキャップの超過を防ぐことで、現場のMSU追加消費による追加コストの発生を回避することができます。

関連ソリューション

ThruPut Manager