テストデータ管理

テストデータ管理

企業のデータ管理の簡素化

業界をリードするFile-AID製品を活用したCompuwareのTest Data Managementソリューションは、複数のデータベースおよびファイル タイプからのデータを管理するための標準化されたアプローチを使い、テストと生産の両方の環境の複雑なテストデータ管理の簡素化を図ります。

どのようにテストデータを管理するかは、複雑性やITコストを制御したり増加したりするのに一翼を担います。物理的なデータストレージコストは減少していますが、その数は、活用するツールやスキルに大きく依存しています。[1]つまり、テストデータが複雑になればなるほど、それを管理するスキルが増加し、企業にとってテストデータの管理がより高価になります。

CompuwareのTest Data Managementは、広範囲なトレーニングや難解な手順の知識を必要とせず、データの検索、作成、比較、抽出、変換、ロード、編集、保護、経過管理、データの保守が容易になります。Test Data Managementは、データ管理コストを削減し、開発者がミッションクリティカルなタスクに集中できるようにする一助となります。

次世代の開発者を援助:単一のエディタと視覚化

大企業は、経験豊富なメインフレーム技術者が去っていく中で価値の高いメインフレームデータを有効活用する必要があります。そのデータを活用する責任が、メインフレーム技術の専門知識が乏しい、もしくはまったく欠落している新世代の開発者およびデータアーキテクトに降りかかっています。今日のハイブリッドエンタープライズアプリケーションは複数のデータタイプを処理するため、これは特に重要です。

Compuwareは、データを参照し編集するための複数のソース特有のツールを置き換える単一のデータエディタを提供します。追加機能には、アプリケーションの理解を高めるために役立つデータリレーションシップの十分な視覚化とデータ抽出が含まれています。

適切なサイズのテスト環境が効率を高める

保存されたデータの量は飛躍的に増加しています。非常に多くのデータや多くの異なる場所からのデータを処理する複雑なアプリケーションでは、テストのニーズに適したデータを見つけるのにますます時間がかかります。テストサイクルで使用するために、ITはしばしば数千万にも上る記録に基づくテストデータの複数の本番用の完全なコピーを作成することがあります。このプロセスは、多くの場合、テストの各レイヤーごとに繰り返されます。

しかし、過剰なデータは不必要なだけでなく、管理や保護、そして最終的には保存にもコストがかかります。見過ごせないことに、処理するデータが非常に多いために、しばしばテストサイクルは長くなり、結果を評価するのが困難になります。結局は、データ保存の費用だけでなく、アプリケーションが繰り返しテストされたときに発生するCPU消費に対しても、企業に多額の費用が発生します。

テストサイクルの短縮やコスト管理のために、CompuwareのTest Data Managementソリューションは、アプリケーションとDBMSの関係を維持しながら、関連する生産データのサブセットを抽出してロードすることができます。このデータには追加のテストケースが補充され、容易にテスト環境を更新することができます。

正しいテスト条件のための正しいデータ

データのサブセットを使用したテストでは処理時間が短縮されますが、テストデータが最終的にアプリケーションを流れるデータを代表して、変更されたすべてのアプリケーションのロジックをテストしない限り、テストサイクルは成功しません。完全性を維持するためには、これらのサブセットは複数のデータソースからの関係も維持する必要があります。テストデータの範囲が不適切だと、アプリケーションロジックのテストが不十分になり、テストサイクルが浪費されてしまい、潜在的なコストに関する問題と同時にパフォーマンスと安定性の問題が発生します。

Test Data Management機能により、必要とされる正確なアプリケーションテストデータを選択することで、すべてのテスト条件が満たされます。そして、特定のアプリケーションや固有の条件に対してテストデータをカスタマイズすることができます。

より良いテストデータ管理、より良いデータプライバシー

現在のデータ保護規制やGDPRのような新しいデータ保護規制の下では、企業の個人データ保護の対応に関してますます厳格になっています。信頼性の高い最新のTest Data Managementソリューションがなければ、企業はデータの不正使用や盗難、およびそのような事件の発生を許してしまうことに対し必然的に負う財政的罰則に対して、より脆弱になる恐れがあります。

チームをこのような状況から救うために、CompuwareのTest Data Managementソリューションは、幅広い独自の機能を提供し、個人データ保護基準を上げるのと同時に、テストデータがプラットフォーム全般にわたって容易かつ効率的に管理されるようにします。

CompuwareのTest Data Managementソリューションは、「実在」するデータベースからテストデータを継続的に引き出す必要がないため、個人データ保護を改善します。「実在」するデータベースからテストデータを引き出すのは、コストのかかるCPUまたは不十分なCPUを消費するだけでなく、そのファイルサイズによりテスト実行に時間がかかるため、危険な方法です。その代わり、Test Data Managementは、新規または拡張アプリケーションを本番環境に導入する前に、信頼性の高い現実的で匿名化されたテストデータを容易に活用できるようにします。

[1]Cindy LaChapelle、「データストレージと管理のコスト:2016年にはどこに向かうのか?」The Datacenter Journal, March 10, 2016, http://www.datacenterjournal.com/cost-data-storage-management-headed-2016/