アプリケーション・パフォーマンス管理

アプリケーションパフォーマンス管理

アプリケーションパフォーマンス管理を改善してコストを削減し顧客満足度を向上

メインフレームアプリケーションは、ますます顧客対応システムのエンゲージメントに不可欠なバックエンドシステムレコードをサポートを提供するようになっています。この加速するデジタル経済において、メインフレームのアプリケーションパフォーマンス管理を怠ると、結果として顧客の経過時間が延びてメインフレームリソースの使用効率が悪くなるという結果が生じます。優れたソリューションがなければ、パフォーマンスに関する問題の検索に時間がかかってしまいます。

Compuwareのアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションは、Strobe Abend-AIDおよび ThruPut Managerという強みを兼ね備えています。どちらも、非効率性を識別し、顧客満足度の向上と同時にハードウェアとソフトウェアのコストを削減するために活用することができます。

Strobeを使うことで、メインフレームの経験がほとんどない開発者でも「グリーンスクリーン」にアクセスすることなく、アプリケーションパフォーマンスを管理しパフォーマンスの問題をピンポイントで特定できます。一方で、Abend-AIDは、発生した問題に関する情報を収集します。さらに、ThruPut Managerを使用すると、バッチジョブの自動的かつインテリジェントな最適化が可能となります

月額ライセンス課金 (MLC) コストの削減

ThruPut マネージャは、MSUの4時間のローリング平均(R4HA)により生じるMLCの上昇コストを削減するのに役立ちます。ピークR4HAに近づくにつれ、あまり重要でないバッチ・ワークロードを制限することにより、ThruPut Managerは最も重要なワークロードの処理を実行しながら、オンラインとバッチの両方のすべてのアプリケーションでSLAを満たします。

また、StrobeはR4HAのピーク時に実行されているジョブを識別し、アナリストは調整中のジョブについてよりインテリジェントに実行することができます。さらに、R4HAのピーク時の作業負荷を抑制する上に、チューニングされたアプリケーションを使うことで、より少ないコストでより多くの作業負荷を処理することが可能となります。

CPU使用率を軽減

バッチジョブがピークR4HA中に実行されているかどうかにかかわらず、それらのジョブをうまく動作させます。ジョブが超過した時は、ソースコードの品質はしかるべきレベルにはなっていません。その場合は、Strobeのバッチ グローバル モニタがジョブのStrobe測定を開始するので、今起きていることを確認してそれを修正することができます。

戦略的なチューニング ターゲットの特定

Strobeのグローバル モニタリングSMFコレクションを使用すると、ほとんどのCPUを使用し、最も長く実行し、最も高いI/Oを実行するジョブを識別することができます。ユーザーはこれらのジョブで測定要求を開始できます。Strobeは、これらのプロファイルから収集されたデータの「知見」レポートを提供して、COBOL、DB2、言語環境、ファイルアクセスなどのカテゴリで利用可能である最も重要なチューニングターゲットを提示します。また、これらのレポートにより、最も多くのCPUを使用しているCICSトランザクション、SQLステートメント、およびモジュールを確認することができます。

障害と異常終了の削減

障害や異常終了は、時間や費用がかかり、潜在的な顧客のロイヤルティーを失ってしまいます。オンラインやバッチ アプリケーションで連続して起こり、これらを異常終了させる障害をすばやく特定して対処する必要があります。Abend-AIDは、メインフレームシステムで発生している障害に関する情報を自動的に収集し、問題がある領域や傾向をすばやくかつ効率的に識別できるようにします。また、

Abend-AIDはSyncsort Ironstream ®を通して発生した問題に関する情報も収集し、収集したデータをSplunk ®に自動的に転送し独自の直感的なダッシュボードで表示します。

関連ソリューション